熊本県、JR阿蘇駅から徒歩10分の素泊まり、ドミトリー(相部屋)の旅人宿。

女性オーナーなので、一人旅の女性も安心してどうぞ♪

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.12.22 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

九州以外の旅編

改修工事までに道後へGO!


2017年の愛媛国体終了後、道後温泉本館の改修工事が始まる…
工事が始まると数年間は閉館されてしまいます。

その前に一度は行っておきたいと思い、
愛媛県の道後温泉に行って参りました!



温泉に1550円は高いと思うかもしれませんが…
4通りの入浴コースのうち1番料金が高い「霊の湯三階個室」コースがお勧めです。
*「二階席」コースは浴衣に着替え、55畳の大広間での休憩です

「霊の湯三階個室」コースは
「道後温泉本館」を存分に満喫できるコースだと思いました(*^-^*)
日帰り温泉で浴衣に着替えるって粋だな〜と感動!

80分という制限時間があるのだけれど…
半日遊んだ気になるほど充実していました(*^▽^*)

個室に案内されて、浴衣に着替える…
まず、大理石を使った小ぶりの「霊の湯」で入浴
また浴衣を着てから、一般の人が入る大きい「神の湯」に移動して入浴
その後、坊ちゃんが使っていたという坊ちゃん部屋の見学
個室に戻ると、お茶と坊ちゃん団子を準備してくれます。
縁側に腰掛けて下の通りを眺めながら涼む…なんて洒落てると思いませんか?
昔にタイムスリップした感じが味わえます(^_-)-☆



その後、皇室専用の浴室「又新殿(ゆうしんでん)」をガイド付きで見学
温泉施設は日本各地にたくさんありますが、
道後温泉本館だけが唯一、「皇室専用の浴室」があるのだそうです。
それって凄くないですか!!またまた感動〜(≧▽≦)



道後温泉の存在を教えてくれたシラサギは道後のシンボル。
道後温泉本館の屋根のてっぺんにもほら!
この下は太鼓部屋(?)
毎朝6時に刻太鼓を打ち鳴らし、営業を開始するそうです。

夜のライトアップも風情があります。
道後ハイカラ通りのおみやげもの屋さんも遅くまで開いています。
道後温泉は、ぜひお泊まりで\(^o^)/





 
  • 2015.06.24 Wednesday
  • 00:20

九州以外の旅編

高知と言えば龍馬さん


「夏至」は太陽パワーMAX! エネルギーチャージ!
ということらしいので…
急遽、日の出を拝みに高知の海岸側へ向けてルート変更。

宿も決めていない気まま旅のいいところ?

東から南北にかけて海が見渡せるホテルをゲット!
早朝4時半に起きたけれど…
空も海も真っ白です(>_<)

また2度寝してしまいました(笑)

せっかく高知に来たのだから、龍馬さんの顔を拝みにいくか^^;
ということで、観光地で有名な「桂浜公園」へ

白い砂浜には、松の木がよく似合う…
これぞ日本の砂浜という感じ(*^-^*)
これが、ヤシの木だったら…



像の高さは5.3m,台座を含めると13.5m
望遠レンズで撮ると、坂本龍馬さんはこんな顔をしていました。
そう、太平洋の荒波を見ているのです。
この海岸の穏やかな波は、突然高波になることもあるそうです。




おみやげもの屋さんに居た土佐犬のぬいぐるみが凄すぎる!
むっちゃホンモノみたい。これ欲しいぃ〜〜( *´艸`)
この子の目は、なんとなく…
龍馬さんの遠くを見つめる目に似てると思ったのは私だけ?




 
  • 2015.06.23 Tuesday
  • 23:19

九州以外の旅編

剣山国定公園 スリル編


スリルのあるものと言えば「吊り橋」と答える人も多いのでは?

徳島県の祖谷川には「かずら橋」があります。
かずらで造った吊り橋(人専用)です。
(現在は安全のためワイヤーにかずらを巻いてるそうです)



平家の落人がこの地に潜んでいたため、追手が迫っても
すぐ切り落とせるように葛を使った橋を造ったという伝説も…

私が見に行ったのは「祖谷のかずら橋」(長さ45m)



相当ビビりながら渡りました
でもそれが楽しい( *´艸`)



スリルつながりで…
この近くにある「小便小僧」もお勧めです!

祖谷街道の一番難所と言われている場所で昔「度胸試し」をやっていたらしい。
そんな場所に「小便小僧の像」を設置したというから洒落てるよね。
200mの断崖の突き出た岩の上…



ホンマにこんなとこに立ったら、足がすくむどころじゃないで!
もちろん人は立ち入り禁止です(笑)


 
  • 2015.06.23 Tuesday
  • 22:42

九州以外の旅編

剣山国定公園 乗り物編

走りゆく列車の車窓からは何度も見た景色
でも、立ち寄ったのは今回が初めて(*^-^*)



徳島県の吉野川、大歩危・小歩危(おおぼけこぼけ)
インパクトのある地名です。

川から見上げる大歩危峡の景色を船から見ることに(*^▽^*)
約5キロをゆっくり30分ほどかけて遊覧船に揺られながら
自然の造形美に酔いしれる…



雨が降り続いて木の生えている高さまで水が増すこともあるとか。
長い年月、激流を繰り返し現在の深いV字渓谷が造られたそうです。



小歩危峡は落差もあり、水の流れが速くラフティングが盛ん!
ああ、ラフティングもしたかった…

次なる目的の乗り物は…
奥祖谷観光周遊モノレール



舐めとりました…
半袖、半パンでは、山の中は寒いです。

70分かけて4.6キロの森林浴( *´艸`)
高低差590メートル
最頂標高1,380メートル



乗る前に「もしも」の話をしっかりと説明されます。
「もしも止まった時はお迎えに時間がかかります。
時間に余裕がない場合は乗らない方がいいです」と…

一人2000円は高いと思ったけど…
の〜んびりしていて楽しかったですよ(*^▽^*)

 
  • 2015.06.23 Tuesday
  • 22:02

九州以外の旅編

猫とアートの島 アート編

香川県の男木島は「猫」だけではありません。
「アート」もステキなんです(*^-^*)



先日行った現代アートで有名な「直島(なおしま)」も香川県。
こちらは岡山県の宇野港からの方が近いですが高松港からもモチロン行けます。

瀬戸内海に浮かぶ12の島々+高松港・宇野港で現代アート作品が見れるんですね。
毎年「瀬戸内国際芸術祭」の取り組みをしているそうなんです。





空き家を利用した家プロジェクトもステキです。
時間が足りなかったので、ゆっくり見ることができなかったので
また行きたいです(*^-^*)






坂道や細い路地が多い島で大活躍なのが、「オンバ(乳母車)
かわいくペイントされたオンバもアートですよね(*^▽^*)





 
  • 2015.06.23 Tuesday
  • 21:00